岩手県花巻の完全無農薬、特別栽培「みずほ米」

みずほ米

ショッピングサイト

みずほ米の想い

健全な食べ物が健全な体をつくり、

健全な体に健全な精神が宿る。

だからこそ、赤ちゃんのころから安心してずっと食べてもらえるお米を作りたい。

そして、子育て世代の親御さんたちを応援したい。

私たちには、皆さんの体をつくっていく健全な食べ物を作る責任がある。

みずほはその覚悟を持って、実験と研究を重ねて土地に適した栽培法を探り、

長い年月をかけて、完全無農薬栽培を実現しました。

太陽、風、土、水、風土。

私たちは自然の力に生かされています。

その力を最大限に引き出せるように支えるのが、私たちにできることです。

そうしてできた自然の恵みたっぷりのみずほ米をたくさんの人に食べてもらいたい。

消費者と生産者という垣根を超えて一緒にこれからの環境や健康のことを考えていきたい。

それが私たちみずほの願いです。

食から始まる

土に始まり、そこから作られる食物、そしてそれを食す私たちとその生活はすべて親密に連鎖していて切り離せないものです。
そんな私たちにとって大切な「食」について、いま一度見直していきたい。

安心安全

本当に安心で安全な食べ物とはどういうものでしょうか。
食べ物には本来あるべき正しい姿であってほしい、そしてそれを子どもたちに食べてほしい。

特別栽培米(有機みずほ米)に関する情報※2020年製作分

農林水産省新ガイドラインによる表示

特別
栽培米
節減対象農薬:当地比10割減
化学肥料(窒素成分):当地比10割減
  • 栽培
    責任者
  • 住所
  • 連絡先
  • 農事組合法人みずほ
  • 岩手県花巻市中北万丁目29番地4
  • TEL:0198-29-5415
  • 確認
    責任者
  • 住所
  • 連絡先
  • 菅原 道司
  • 岩手県花巻市下北万丁目102番地1
  • TEL:0198-23-1565
  • 精米
    確認者
  • 住所
  • 連絡先
  • 菅原 修
  • 岩手県花巻市中北万丁目14番地
  • TEL:0198-24-4735

節減対象農薬の使用状況

栽培期間中、農薬不使用 化学肥料不使用

特別栽培米(みずほ米)に関する情報※2020年製作分

農林水産省新ガイドラインによる表示

特別
栽培米
節減対象農薬:当地比8割減
化学肥料(窒素成分):当地比9割減
  • 栽培
    責任者
  • 住所
  • 連絡先
  • 農事組合法人みずほ
  • 岩手県花巻市中北万丁目29番地4
  • TEL:0198-29-5415
  • 確認
    責任者
  • 住所
  • 連絡先
  • 菅原 道司
  • 岩手県花巻市下北万丁目102番地1
  • TEL:0198-23-1565
  • 精米
    確認者
  • 住所
  • 連絡先
  • 菅原 修
  • 岩手県花巻市中北万丁目14番地
  • TEL:0198-24-4735

節減対象農薬の使用状況

使用
資材名
プロピリスルフロン ペントキサゾン
用途 除草 除草
使用回数 1 1

節減農薬の説明

当地(岩手県)での慣行栽培の農薬使用成分数は16成分です。
慣行栽培では農薬剤の使用は4~6回使用しますが、(農)みずほでは、春の除草剤(商品名:ゼータハンマー フロアブル)を1回のみとしております。
その中には上記の2成分が含まれます。
節減比率は、100-(2/16%)=87.5%減

化学肥料(窒素成分)の説明

当地(岩手県)での慣行栽培の化学肥料使用量の内窒素成分量は8kg/10aです。
(農)みずほでは、植物性有機肥料の米糠を主な肥料として栽培しており、
その窒素成分量は0kg/10aです。
時に生育を補うために化学肥料を使う場合は、窒素成分で0.7kg/10aを最大としております。節減比率は、100-(0.7/8%)=91.3%減